ニュース


国際刑事警察機構 検察庁 検察官 警察庁 警視庁 警察官 刑事 機動隊 エアポリス 水上警察 特別警察(英語版) 特別巡査(英語版)(SC,SPC) 憲兵・国家憲兵 警察犬 交番・派出所 駐在所 捕具 パトロールカー、白バイ 警察無線 警察電話 警察国家 首都警察 警察24時 警察小説(刑事小説)
33キロバイト (4,399 語) - 2021年11月26日 (金) 09:40


巡査長は昨年7月31日と8月6日の勤務中に女性の家を訪れ、わいせつな行為をしたほか、公休日だった同年8月7日に女性の自宅で性行為をした。
今年4月、女性が県警にメールで相談を行い、9月に被害届がされていた。巡査長は「男女の関係になれると思ってしまった」と話しているという。

【トレンド】

1 凜 ★

■産経新聞(2021/11/26 17:55)

 職務を通じて知り合った女性に性的暴行したなどとして千葉県警は26日、成田署地域課で駐在所勤務の男性巡査長(37)を強制わいせつと強制性交の疑いで書類送検し、減給100分の10(6カ月)の懲戒処分とした。巡査長は同日付で依願退職した。

※以下省略、続きはリンク先でお願いします
https://www.sankei.com/article/20211126-LTE7BRYSRBNVVPQCIK3NV4QYQ4/


【【社会】職務で知り合った女性に強制性交 巡査長を懲戒処分,書類送検】の続きを読む


フッ化水素フッかすいそ、弗化水素、hydrogen fluoride)とは、水素フッ素からなる無機化合物で、分子式が HF と表される無色の気体または液体。水溶液はフッ化水素酸 (hydrofluoric acid) と呼ばれ、フッ酸とも俗称される。毒物及び劇物取締法の医薬用外毒物に指定されている。
18キロバイト (2,198 語) - 2021年11月23日 (火) 09:18


10月、ラムテクノロジーは超高純度のフッ化水素化物(HF)生産技術を開発し、特許を取得しました。
今回、REM技術が開発した超高純度ハイドロフルオロ水素製造技術は、従来の方法とは異なり、液体および気体の形態で超純度ハイドロフルオロシドを同時に生成する能力を特徴としています。
【トレンド】

1 新種のホケモン ★

2021年11月22日、韓国メディアに「韓国企業『Ram Technology(ラムテクノロジー)』が日本を超える超高純度のフッ化水素の製造に成功し、その生産技術の特許を10月中に取得完了した」という記事が出ました。

韓国メディア『フィナンシャルニュ-ス』の記事では以下のように書いています。

(前略)
今回、『ラムテクノロジー』が開発した超高純度フッ化水素生産技術は、従来方式とは異なり、一度に液体と気体形態の超高純度フッ化水素を同時に生産できることが特徴だ。

また、従来の方式は、石英を持って蒸留法、電気分解法、吸着法、そして膜分離法などのさまざまな精製工程を通じて行わなければならなかったが、このような前処理過程は省略される。
(後略)

⇒参照・引用元:『フィナンシャルニュ-ス』「レムテクノロジー、超高純度フッ化水素の開発」
https://www.fnnews.com/news/202111221603554859

韓国メディア『ソウル経済』の記事タイトルは「日本を超えるフッ化水素生産技術が出た」でした。

『Korea Economics(コリア・エコノミクス)』は「韓国素材企業が高純度フッ化水素(15N)の特許取得発表 株価急騰 『技術で日本に先行する』」という記事を出しており、以下のように書いています。

(前略)
日本政府が2019年7月、半導体・ディスプレイの核心素材3品目について韓国への輸出管理を強化(輸出規制)すると発表してから2年余りで収めた成果となる。

日本政府は超高純度フッ化水素とEUV用フォトレジスト、フッ化ポリイミドの輸出について管理を強化した。

一般的に超高純度フッ化水素は99.9999%(6N)以上の純度ガスを意味する。

『ラムテクノロジー』が生産技術を開発した超高純度フッ化水素は、1千兆分の1(ppq、part per quadrillion、10の15乗)以下のレベルまで生産される。

純度数字で表記すると99.9999999999999%(15N)となる。

『ラムテクノロジー』関係者は「現存する超高純度フッ化水素の中で最も純度が高い」とし「国内技術が日本に先行する」と説明している。
(後略)

⇒参照・引用元:『Korea Economics』「韓国素材企業が高純度フッ化水素(15N)の特許取得発表 株価急騰 『技術で日本に先行する』」
https://korea-economics.jp/posts/21112301/

この記事では15Nという信じられない純度のフッ化水素を製造できる技術であると書かれています。

ところが、11月23日、これがウソだと判明しました。

当の『ラムテクノロジー』自身が「プレスリリースを出したことはない」と否定したのです。

すると、このフッ化水素の高純度のスペックなどは一体どこから出た情報なのでしょうか。『コリアエコノミクス』の記事にある「国内技術が日本に先行する」と述べた関係者というのは誰なのでしょうか(存在するのでしょうか)。


(出典 i.imgur.com)


↑2021年11月24日11:03現在、『ラムテクノロジー』のサイトでは特に情報は出ていません。

23日の韓国メディア『MTN』の記事によれば『ラムテクノロジー』は「『超純度フッ化水素技術開発』というタイトルで配布された報道資料は、当社とIPR代理店で作成しなかった」「現在の配布経緯を確認中」と述べているとのこと。

⇒参照・引用元:『MTN』「ラムテクノロジー『超高純度フッ化水素開発』偽のプレスリリースに株価急上昇」
https://news.mtn.co.kr/news-detail/?v=2021112314053265795

また、同23日の韓国メディア『韓国経済』の記事によれば「『ラムテクノロジー』は「超高純度フッ化水素の精製方法および装置に対する国内特許を登録したのは事実」と伝えた」とのこと。

⇒参照・引用元:『韓国経済』「『ラムテクノロジー』は「超高純度フッ化水素特許は事実…資料配布は行っていない」」
https://www.hankyung.com/economy/article/202111239600Y

『韓国経済』の記事が本当であれば(何が本当かここまでくるともう分かりませんけれども)、高純度のフッ化水素の製造および装置について韓国内特許を取得したのは事実ながら、「15N」といった製造できるフッ化水素の純度については全く言及はしておらず、少なくともその部分についてはウソと判断せざるを得ません。

続く

(吉田ハンチング@dcp)

マネーワン 11/24
https://money1.jp/archives/67097


【【韓国】「日本を超える15Nのフッ化水素開発成功」がウソと判明 [11/24]】の続きを読む


【ワシントン共同】英紙フィナンシャル・タイムズは21日、中国が7月に実験した極超音速兵器が、音速の5倍以上の速さで南シナ海上空を滑空中にミサイルを発射していたと報じた。
【トレンド】

1 少考さん ★

※共同通信

中国、滑空中にミサイル発射か 極超音速で世界初
https://nordot.app/835421368309186560

2021/11/22 21:54 (JST)

【ワシントン共同】英紙フィナンシャル・タイムズは21日、中国が7月に実験した極超音速兵器が、音速の5倍以上の速さで南シナ海上空を滑空中にミサイルを発射していたと報じた。これまでどの国も実現していない世界初の先端技術とみられ、中国の進展ぶりに米国防総省は衝撃を受けている。複数の関係者の話として伝えた。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


【【中国】滑空中にミサイル発射か 極超音速で世界初【英紙FT】】の続きを読む


ある筋の方面で裁判を傍聴している方が、2021年11月19日に東京地裁で「本日の開廷予定表」(裁判所の受付に置いてある、その日の裁判の予定が全て明記されているファイル)を開いていたら偶然見つけたそうです。
【トレンド】

1 速報 ★

2021年11月21日 22:47

結論
結論を言うと、石川優実さんは最近著作権侵害を理由とした開示請求を積極的に行っている様です。

著作権侵害を理由とした開示請求訴訟が行われている投稿は
・本人の許可なく本人が写った写真をインターネット上に投稿
・下記の①〜③の条件を全部満たしている投稿
「①,本人の許可なく」
「②,Twitterの正規の引用リツイート機能を使わず」
「③,URLが添えられていない形でツイートを引用する(ツイートのスクショ等)」

だそうで、著作権侵害での開示請求であれば名誉毀損等に比べて開示請求が通り易い様で、かなり高確率で開示が通っているそうです。
https://note.com/24b3w/n/n14d90bf64cac


【【注意】Twitterのツイートのスクショを投稿→著作権違反で住所等が開示 無断転載しないよう気をつけて】の続きを読む

このページのトップヘ