☆その他


ある筋の方面で裁判を傍聴している方が、2021年11月19日に東京地裁で「本日の開廷予定表」(裁判所の受付に置いてある、その日の裁判の予定が全て明記されているファイル)を開いていたら偶然見つけたそうです。
【トレンド】

1 速報 ★

2021年11月21日 22:47

結論
結論を言うと、石川優実さんは最近著作権侵害を理由とした開示請求を積極的に行っている様です。

著作権侵害を理由とした開示請求訴訟が行われている投稿は
・本人の許可なく本人が写った写真をインターネット上に投稿
・下記の①〜③の条件を全部満たしている投稿
「①,本人の許可なく」
「②,Twitterの正規の引用リツイート機能を使わず」
「③,URLが添えられていない形でツイートを引用する(ツイートのスクショ等)」

だそうで、著作権侵害での開示請求であれば名誉毀損等に比べて開示請求が通り易い様で、かなり高確率で開示が通っているそうです。
https://note.com/24b3w/n/n14d90bf64cac


【【注意】Twitterのツイートのスクショを投稿→著作権違反で住所等が開示 無断転載しないよう気をつけて】の続きを読む


gabriel-benois-qnWPjzewewA-unsplash




(出典 SNSを悩ます「出会い系」問題の深淵: 日本経済新聞)


無修正のわいせつ動画をインターネットに公開したとして男3人が逮捕された

1 スペル魔 ★

 無修正のわいせつ動画をインターネットに公開したとして男3人が逮捕された事件で、男らは売り上げを伸ばすために出演する20代の女性を「未成年」と偽って動画を販売していたことが分かりました。

 東京・新宿区の会社役員・福田茂人容疑者(36)ら3人は、自分で作った無修正のわいせつ動画などをインターネットで公開した疑いが持たれています。

 捜査関係者によりますと、出演する女性は20代がほとんどでしたが、福田容疑者らは女性を「未成年」と偽って動画を販売していたことが分かりました。

 福田容疑者らはツイッターや出会い系サイトで女性を集めていて、報酬は5万円から40万円でした。

 動画の売り上げは、仲介の業者を通じて仮想通貨で受け取るなどしていました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ec6c100b85468edd7dca21bc219ddf74d618be5


【無修正動画を配信し逮捕された会社役員の男「未成年とタイトルに付けていたが、実際は全員20歳以上だった」】の続きを読む


世界中で広がっているコロナ。
その対応が各地。
その内容も接種、未接種など。
【コロナ】

1 神 ★

https://news.yahoo.co.jp/articles/719c5518d26267df934b78032f5610afe996f4b8
(全文はリンク先を見てください)
ロンドン(CNN) 新型コロナウイルスの感染拡大が続く欧州で、ワクチン未接種者に対する姿勢を強め、社会から隔離する措置に乗り出す国が増えている。

【映像】オーストリア、ワクチン未接種者に「隔離措置」

連立政権が樹立する見通しとなったドイツでは、新型コロナ対策を強化するための法案が議会に提出された。

法案は、娯楽施設などへの入場に加えて、バスや列車に乗車する際にもワクチン接種証明書か陰性証明書の提示を義務付ける内容。

この措置について緑の党のロベルト・ハーベック共同党首は14日、公共放送ARDに対し、実質的な「ワクチン未接種者のロックダウン」と位置付けた。

法案はドイツ社会民主党(SPD)と自由民主党(FDP)、緑の党が共同で提出。連邦議会で採決が予定されている。

ドイツのそうした状況は、欧州連合(EU)の大部分でワクチンを拒み続ける人たちに対する憤りが強まっていることの表れでもある。

ドイツでワクチン接種を完了したのは人口の約3分の2と、西欧の中では低い水準にとどまる。政治指導者は接種率を引き上げようと強硬姿勢を

★1 2021/11/20(土) 10:22:04.78

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637378437/


【ワクチン未接種者の強制隔離の動き広まる 【コロナ】 反ワクへの憤り強い 】の続きを読む

man-3122063_1920

就職試験の面接では、担当者から質問はないか聞かれることがあります。もちろん、その会社が第1志望であるなら、さまざまな疑問点が出てくるかもしれません。

ですが、第二、第三志望の会社の場合、聞きたいことと言われても、何も考えつかないことがあります。質問はないですかという質問からは、応募者が能動的な気持ちを持っているかどうかを判断しようとしています。

的確な質問を出せる人であれば、企業側としても、有用な人材だと判断されるかもしれません。企業紹介や、会社の業務内容などの資料を見て、その会社への理解を深めておくことが、いい質問をするポイントです。

もしも質問がないかと聞かれたら、その場になってから考えるのではなく、あらかじめ質問の候補をあげておくことです。仮に質問がまったく出てこないなら、面接官はそれほど会社に就職したいという意志が無いのだと感じてしまいます。

質問の有無はと聞かれた場合に、矢継ぎ早に質問をしろといっているわけではありません。本当は何も知りたいとは思っていないのに、強引な質問をしていると、相手にバレてしまうでしょう。

面接の時は、要を得た質問をしっかり行えることで、担当者にいい印象を持ってもらえることもあります。受け答えをきちんとして、話の内容をメモするなどの傾聴の態度も示すといいでしょう。



businessman-2956974_1920

一般的な価値観として、転職活動では転職回数が多ければ多いほど、転職に不利になるというものの見方がかつてはありました。最近なって、転職している回数を重要視することは少なくなりつつあり、以前ほどマイナスの印象を与えることは無いようです。

一旦採用された会社を退職することは、よくないことをしているような印象がもたれがちでしたが、近年では転職への忌避感はなくなっています。

転職が、イコール、よくない印象ということはなくなっており、有能な人ほど引き抜かれて転職をしているという見方も定着しつつあるようです。以前の価値観の一つに、転職をすると高い確率で待遇が悪くなり給与が下がるというものがありました。

その点、求人サイトが運営しているスカウト制度を使うと、今よりいい待遇での転職先を探すことが可能になってきています。オファーシステム、スカウトシステムといった言い方をしますが、様々な求人サイトが積極的に提供しているサービスの一つです。

転職を希望している人が、自分の職務職歴やスキル、所持している資格などの情報を予め求人サイトから登録しておきます。登録された情報は、人材を探している企業が閲覧できる状態になり、企業が関心を持った人材があれば、求人サイトを通じて声がかかるという仕組みです。

以前からある求人サイトの場合は、求人情報をネット上に掲示し、いいと思った求人に連絡をするというものです。以前の形であれば、企業は応募者の中からしか選択の余地かありませんが、それでは応募者がわずかしかいない時は選びようがなくなります。

企業のほうからもアプローチをかけることができれば、転職希望者にとってもいい話ですので、転職サイトのこのシステムはとても重宝するものです。



このページのトップヘ